« そうだ、桜のあとはハナミズキ 2017 | トップページ | 紅花栃ノ木の咲くころ »

2017年5月24日 (水)

東秩父村 「和紙の里」へ行く

平成27年4月17日 撮影

手漉き和紙 細川紙

細川紙は埼玉県東秩父村、小川町に1300年以上伝承されている楮(こうぞ)を原料とした手漉き和紙、その技術はユネスコ無形文化遺産に登録され、国の重要無形文化財に指定されている。

2017_04_12_0844__2

2017_04_12_0811「和紙の里」は手漉き和紙の見学と紙漉体験ができる施設です。


2017_04_12_0834_2

和紙の紙漉作業場 


2017_04_12_0840 大島さくら (親は河津桜だという) 

2017_04_12_0819


« そうだ、桜のあとはハナミズキ 2017 | トップページ | 紅花栃ノ木の咲くころ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11858/65305217

この記事へのトラックバック一覧です: 東秩父村 「和紙の里」へ行く:

« そうだ、桜のあとはハナミズキ 2017 | トップページ | 紅花栃ノ木の咲くころ »