« 紅花栃ノ木の咲くころ | トップページ | 梅雨入り、アジサイと柏葉アジサイ »

2017年5月30日 (火)

ベルリン・フィル次期首席指揮者K・ペトレンコの《ハフナー》と《悲愴》

旧聞ですが、サー・サイモン・ラトルの後任のキリル・ペトレンコは、2015年6月21日にベルリン・フィルの次期首席指揮者に選ばれました。


3月30日、ベルリン・フィル・デジタルコンサートホールの配信サービス映像でペトレンコの《ハフナー》と《悲愴》を視聴した。

たいへん個性的迫力があり、音が素晴らしい。

TV放送などでしか視聴できないが、サイモン・ラトルとはまた違った演奏に接することができそうです。

« 紅花栃ノ木の咲くころ | トップページ | 梅雨入り、アジサイと柏葉アジサイ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11858/65349396

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン・フィル次期首席指揮者K・ペトレンコの《ハフナー》と《悲愴》:

« 紅花栃ノ木の咲くころ | トップページ | 梅雨入り、アジサイと柏葉アジサイ »